習性を利用したいたち駆除

subpage1

人の住環境はいたちが好む環境に適しており、知らない間に家屋のいたるところを占領されている可能性があります。

警戒心の強いいたちは繁殖期にはさらに敏感になっており、人や点滴のフクロウやタカに見つからないように隠れた場所に巣を作る習性があります。



いたち駆除はその他の害獣同様に早めの行動が肝心で、的確な対処が必要になります。
いたちは鳥獣保護法という法律によって保護されている動物です。むやみに捕獲や処分することは禁止されています。このためにいたちの駆除方法は一般的に追い出すか一時的な捕獲に限られます。

捕獲する場合には市町村で必要な届け出や手続きをする必要があり、慣れていない人には面倒で非常に大変な手間がかかります。


あらゆる分野にはその道のノウハウを知り尽くしたプロがいます。
いたち駆除に際してもいたちの生態や行動範囲などを知り尽くしたプロの手を借りると、必要な手続きも含めて駆除作業をすべて行ってもらうことができます。



いたちは学習能力が高いために、一度危険な目にあうとその場に二度と現れなくなることもあります。


業者はそのような修正を利用した方法を用いるため、場合によっては非常に長続きする効果を得ることができます。

いたち駆除も他の害獣と同じように進入路や住み心地のよい場所をなくすことが大切です。



穴をふさいだり空間をなくした入りするとその場所への移動が困難になります。

人の存在を感じさせることができればさらにいたちの警戒心は高まり、その場所に現れることがなくなるかもしれません。

害獣駆除の大人の常識

subpage2

いたちというと農村や田舎にいるイメージが強いかもしれませんが、最近は住宅などにも侵入して異臭や騒音などの被害をもたらすようになったためいたち駆除が必要となりました。日本に生息するいたち属に属する動物は5種8亜種いますが、その中でも在来種のニホンイタチやチョウセンイタチによる被害が多いといえます。...

next

害獣駆除の知っておきたい情報

subpage3

いたち駆除を専門の業者に依頼した場合、どのような方法でいたち駆除をするのかというとまずは巣の出入り口に捕獲檻を設置して、忌避剤や薫煙剤などを用いて追い出したところを捕獲していきます。万が一罠を逃れた時のために、罠設置付近に2重の措置を講じておくと確実に捕獲していくことができます。...

next

害獣駆除の身になる知識

subpage4

いたちというのはかわいい見た目とは裏腹に大変凶暴で小型のネズミや小鳥だけではなく、自分よりも体の大きな動物も獲物とするほどとなっています。また、数センチ程度の隙間を潜れるほどの柔軟性ももっていますから、家のわずかな隙間からでも侵入して天井裏などに住み着いてしまいます。...

next

害獣駆除の皆が知りたい情報

subpage5

近年、野生動物による農作物への被害や住宅への侵入による被害が増えていますが特にいたちは身近な野生動物です。いたちは狭い部分にも入り込むことができますのでいつの間にか屋根裏に巣を作られてしまったということも少なくありません。...

next