効果的ないたち駆除法

subpage01

いたちというのはかわいい見た目とは裏腹に大変凶暴で小型のネズミや小鳥だけではなく、自分よりも体の大きな動物も獲物とするほどとなっています。

また、数センチ程度の隙間を潜れるほどの柔軟性ももっていますから、家のわずかな隙間からでも侵入して天井裏などに住み着いてしまいます。



もともとは魚や鳥がとれる水辺や湿地帯などに生息していましたが、近年は食べ物が豊富にある民家周辺を寝床にするいたちも増えているため、いたち被害が拡大しています。いたちは夜行性ですから夜間天井裏を走り回り騒音に悩まされたり、糞尿を排泄されることによる悪臭・生ゴミを漁られる・農作物やペットへの被害などさまざまな被害が考えられますから、できるだけ早くいたち駆除を行うことが大切です。



いたちを発見したらすぐに駆除したいと思ってしまいますが、頭の良い動物ですから確実に追い払うためには慎重に計画を立てる必要があります。



いたちはわずかな隙間からでも侵入することができますから、なにもない所から侵入口を発見することは難しいといえます。そのためカメラなどを設置して侵入箇所を確認したり体毛や足跡・糞などを発見するなど事前に調査を行う必要があります。
こういった事前の調査を、個人で行うのが難しいという場合には専門のいたち駆除業者に依頼した方がよいでしょう。
放置するとどんどん数が増えてしまったり被害が拡大してしまいますから、いたち駆除を行う場合はできるだけ早く行うようにしましょう。